令和3年度(2021年度)

 ロビー展 A.V.スモリャーク写真展 ロシアの民族学者がみた1950〜70年代のナーナイの暮らし

【会 期】 2021年4月24日(土)〜5月23日(日)

【会 場】 北方民族博物館 ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【内 容】 ロシアの民族学者A.V.スモリャーク氏がロシア・ハバロフスク地方で撮影したナーナイの写真を紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 山田祥子(学芸グループ)

 移動展  北方民族の釣針

【会 期】 2021年4月28日(水)〜6月6日(日)

【会 場】 斜里町立知床博物館姉妹町友好都市交流記念館ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館、斜里町立知床博物館

【内 容】 北方民族にとって重要な生業のひとつである漁労を支えた道具、釣針を紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 種石悠(学芸グループ)

 ロビー展  アイヌ民族の現在1 ラポロアイヌネイション

【会 期】 2021年6月1日(火)〜6月27日(日)

【会 場】 北方民族博物館 ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館、ラポロアイヌネイション、浦幌町立博物館

【内 容】 浦幌でのアイヌ民族の活動を紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 野口泰弥(学芸グループ)

 第36回特別展 トナカイと暮らす―タイガの遊牧民たち


【会 期】 2021年7月17日(土)〜10月17日(日)

【会 場】 北方民族博物館 特別展示室

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【観覧料】 
◇特別展  一般450円 65歳以上300円 高大生200円 小中学生無料
◇常設展・特別展セット 一般 一般800円 65歳以上300円 高大生320円 小中学生無料 

【内 容】 ユーラシア大陸北部で営まれてきたトナカイ遊牧を紹介します。

主担当 中田篤(学芸グループ)

 ロビー展  写真で振り返る日本のアラスカ調査

【会 期】 2021年10月30日(土)〜12月12日(日)

【会 場】 北方民族博物館 ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【内 容】 日本の調査グループがアラスカで行った発掘調査を写真で紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 野口泰弥(学芸グループ)

 ロビー展 オホーツクシリーズ15 北の状景から

【会 期】 2022年1月4日(火)〜1月23(日)

【会 場】 北方民族博物館 ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【内 容】 オホーツク地域に暮らすカメラ愛好家の方々が撮影したオホーツク地域の写真を展示し、地元の魅力を紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 中田篤(学芸グループ)

 ロビー展 道東の擦文文化

【会 期】 2022年1月4日(火)〜1月23(日)

【会 場】 北方民族博物館 ロビー

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【内 容】 道東の遺跡から出土した擦文文化期の資料を紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 種石悠(学芸グループ)

 企画展 ウイルタのモノとコトバ

【会 期】 2022年2月5日(土)〜3月27日(日)

【会 場】 北方民族博物館 特別展示室

【主 催】 北海道立北方民族博物館

【内 容】 ウイルタ語を実物資料や図書、音声資料とともに紹介します。

【観覧料】 無料

主担当 山田祥子(学芸グループ)

 ウェルカムケース 第一期 

 ウェルカムケース 第二期 

 ウェルカムケース 第三期 

北海道立北方民族博物館 〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1 電話0152-45-3888 FAX0152-45-3889
Hokkaido Museum of Northern Peoples   309-1 Shiomi, Abashiri, Hokkaido 093-0042 JAPAN FAX+81-152-45-3889